フランスの救急医療システム SAMU

最終更新: 3月21日


アメリカ型の救急車は、コールセンターにかかって来た電話には全て医師が乗ったドクターズ・カーが派出し、患者の現在位置から最寄りの場所にある病院に運びます。そこにその専門の医師がいる、手術室・病床が空いているかの確認はせず、まず地理的に近い病院に一旦運び、そこから必要に応じて転送となります。従来日本の救急もこのアメリカ型を模倣して作られたと聞きます。

一方、フランスは、コールセンターにかかって来た電話は、まず最初にオペレーターが取り、全て医師に繋ぎます。そこで医師が電話で重軽度をトリアージュし、ドクターズ・カーの派出が必要か、人工心肺装置(ECMO)も搭載した救急車が必要かを判断し…


*詳しくは、Members Only Report 会員限定レポートへ。





14回の閲覧

最新記事

すべて表示

ONIAM 無過失医療事故裁判外紛争解決制度

医療事故で無過失が認められたもの(出産時の事故による小児脳性麻痺・義務ワクチン・輸血事故・その他)は、国が補償する制度が2004年患者権利法に基づき創設されました。 従来の、無過失・過失を争い、損害賠償を求める民事あるいは行政裁判では、解決までに膨大な時間と経済的な負担が被告原告の両側にかかりました。 これを、裁判外で解決するADR(Alternative Dispute Resolution)に

マルセイユ大学 治療支援メンタル・コーチ・メッソド

南仏マルセイユ、ジダンの故郷、サッカーチームOMのホームタウン。国立マルセイユ大学でスポーツ医学サイエンス科が2年前より開始したプログラムで、オリンピックやプロ・スポーツ選手に行なっている「勝つ」為のメンタル・コーチング・メソッドをがん患者さんに使えるように改良、良い成果をおさめています。骨髄移植後のがんサバイバー患者さんから本プログラムを本格的にスタートしました。とてもフランスらしい治療アプロー

Don't Miss Out

​ご登録はこちらからどうぞ。
  • YouTubeの
  • Facebookの社会的なアイコン
  • さえずり
  • Twitterの社会のアイコン
  • Facebookの社会的なアイコン
  • YouTubeの社会のアイコン