マルセイユ大学 治療支援メンタル・コーチ・メッソド

最終更新: 2月6日

南仏マルセイユ、ジダンの故郷、サッカーチームOMのホームタウン。国立マルセイユ大学でスポーツ医学サイエンス科が2年前より開始したプログラムで、オリンピックやプロ・スポーツ選手に行なっている「勝つ」為のメンタル・コーチング・メソッドをがん患者さんに使えるように改良、良い成果をおさめています。骨髄移植後のがんサバイバー患者さんから本プログラムを本格的にスタートしました。とてもフランスらしい治療アプローチですね。


こちらのプログラムでは、①入院中に読みたい本、②退院したら行きたい旅行、③職場復帰の日、を手術前に目標設定させるそうです。まず楽しい事、その次に仕事と優先順位も含め、全てフランスらしいですね。



10回の閲覧

最新記事

すべて表示

ONIAM 無過失医療事故裁判外紛争解決制度

医療事故で無過失が認められたもの(出産時の事故による小児脳性麻痺・義務ワクチン・輸血事故・その他)は、国が補償する制度が2004年患者権利法に基づき創設されました。 従来の、無過失・過失を争い、損害賠償を求める民事あるいは行政裁判では、解決までに膨大な時間と経済的な負担が被告原告の両側にかかりました。 これを、裁判外で解決するADR(Alternative Dispute Resolution)に

Don't Miss Out

​ご登録はこちらからどうぞ。
  • YouTubeの
  • Facebookの社会的なアイコン
  • さえずり
  • Twitterの社会のアイコン
  • Facebookの社会的なアイコン
  • YouTubeの社会のアイコン