薬剤流通と公定マージン

更新日:2020年2月11日


フランスでは、薬局と卸へのマージンが公定されています。

薬局での調剤はなく全て箱売りですので薬局の収入は基本1箱あたりの薬価に対するマージンのみになります。

メーカー工場出荷、卸、薬局までバーコードで在庫管理するCIピーシステムですので、トレーサビリティーの視点からも箱出しの方が安全です。


興味深いのは、薬価が450ユーロを超えると卸の、1515ユーロを超えると薬局へのマージンが0%になります。通常これら高額薬剤は温度、湿度管理や有効期限が短い等管理が非常に難しい製品で卸・薬局の作業も複雑になるはずですが、一方でこれらの製品こそ、患者の生命を左右する位に重要なものであることが多く、そう言う重篤な疾患対象品でマージンを得る(儲ける)事は人道的では無いとフランスの医療哲学が見られる制度です。これについての不満はオフレコの本音トークでも聞いたことがありません。


卸売業者の流通マージン

450ユーロ以下6.68%

450ユーロ越え0%


薬局の流通マージン

1.91ユーロ以下10%

1.91から22.9 10ユーロ211.4%

22.91から150ユーロ8.5%

150.01から1515ユーロ6%

1515ユーロ越え0%



閲覧数:93回0件のコメント

最新記事

すべて表示

m3ドットコムで連載中の『フランス便り』更新しました! 民衆の怒りが王の首を斬り落としたフランス革命が、今日では直接選挙の大統領選に代わったかの様です。 老いも若きも熱くディベートする5年毎のこの大イベント、今回の棄権率(日本の投票率ではなく、フランスでは棄権率を公表します。)第一回目投票が26%、第二回目投票が28%でした。 https://www.m3.com/news/iryoishin/1

フランスには、「在宅入院」と言う制度が有ります。 これは、その他に色々ある「在宅医療系サービス」の中でも、ごく一部の患者が対象となり、日本の訪問診療と比べてもより限定的な範囲になります。 周産期から終末期までを対象とし、まさに「ゆりかごから墓場まで」ではありますが、その中で「(院内使用の)薬剤や高度の技術や医療機器を要する」「多職種・多数の医療従事者による頻回の処置・介入を要する」フェーズにある患