薬剤流通と公定マージン

最終更新: 2020年2月10日


フランスでは、薬局と卸へのマージンが公定されています。

薬局での調剤はなく全て箱売りですので薬局の収入は基本1箱あたりの薬価に対するマージンのみになります。

メーカー工場出荷、卸、薬局までバーコードで在庫管理するCIピーシステムですので、トレーサビリティーの視点からも箱出しの方が安全です。


興味深いのは、薬価が450ユーロを超えると卸の、1515ユーロを超えると薬局へのマージンが0%になります。通常これら高額薬剤は温度、湿度管理や有効期限が短い等管理が非常に難しい製品で卸・薬局の作業も複雑になるはずですが、一方でこれらの製品こそ、患者の生命を左右する位に重要なものであることが多く、そう言う重篤な疾患対象品でマージンを得る(儲ける)事は人道的では無いとフランスの医療哲学が見られる制度です。これについての不満はオフレコの本音トークでも聞いたことがありません。


卸売業者の流通マージン

450ユーロ以下6.68%

450ユーロ越え0%


薬局の流通マージン

1.91ユーロ以下10%

1.91から22.9 10ユーロ211.4%

22.91から150ユーロ8.5%

150.01から1515ユーロ6%

1515ユーロ越え0%



8回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

フランスの薬局薬剤師とオンライン・セミナー

フランスでは、仏薬剤師会が主役となってシステム開発した全国共通お薬電子カルテがあり、どこの薬局でも端末から患者の個人薬歴情報にアクセスできます。 共有型電子情報としては、医師のEHR(DMP)よりも前から進められ、仏医療制度の中になくてはならないシステムとして定着しています。 アラート機能もあり、複数の医療機関から多剤を併用する患者さんには、必要に応じて、医師と連携し、的確な指導ができます。 「他

18時以降外出禁止令

🇫🇷フランス直近24時間 新規陽性者  2万3852人 新規ICU入院患者 208人 covidICU占床率 53,4% *累計ワクチン接種者24万7167人 飲食店事業主に休業補償・従業員に給与の半分支給して、強制的閉鎖させているフランスでさえも、3度目のソフト・ロック・ダウン再開説が濃厚に浮上しています。*多分、18時以降の全国的外出禁止令に? 今夜、決定・発表される見込み。 飲食業・文化

2020年1月6日水19時 オンライン・セミナー

パリの高齢者介護施設医師をゲストに迎え、フランスの高齢者医療についてお伺いします。 ICUへのアクセスは? ACPはどのように? ワクチン接種開始直後の施設内からお届けします。 チケットのお申し込みは、下記のリンクからどうぞ。

Don't Miss Out

​ご登録はこちらからどうぞ。
  • YouTubeの
  • Facebookの社会的なアイコン
  • さえずり
  • Twitterの社会のアイコン
  • Facebookの社会的なアイコン
  • YouTubeの社会のアイコン