フランスの健康保険証 ヴィタル・カード

最終更新: 2020年2月6日

フランスの健康保険証ヴィタル・カードはICチップのついた顔写真入りのカードです。

写真(※ 会員限定記事で)の黒塗りで隠した部分には私の社会保障番号(マイナンバー)が記載されています。16歳になると1人1枚配られるこのカードが保健医療を受ける上では必要になります。


病院にかかるときにはこのヴィタル・カードと本人確認の為の顔写真の付いたIDカード、免許証、パスポート等の2つの公的身分証明書の提示が求められます。つまり浸るカードも入れると合計3枚の身分確認が必要なわけです。(写真 2つの身分証明書提示義務が多言語で説明されたポスターが院内に貼られています)


病院での支払いにはクレジットカードのほかに最近ではApple Payも導入され始めたところもあります。公立病院での外来であればお会計を先に済ませてから受診します。

差額があれば後日自宅に請求書が届きますが診察は基本丸めです。






13回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

マクロン大統領TV演説 ワクチン接種とデジタル証明提示の義務化

7月12日夜、フランスのマクロン大統領は、未接種者の間でのデルタ株急増を受け、 広義の医療従事者(当初予想されていた三師会・看護団体・介護士団体のみならず、患者・脆弱者・障害者と接する全ての職業従事者、これには付き添いやボランティア、病院・クリニック事務などの非医療系職員、消防士なども含みます。)へのワクチン接種義務と、9月15日以降、違反の場合の業務停止や減給など厳重処罰が視野に入れられています

火曜日18時よりフランス完全封鎖へ

今夜20時からマクロン大統領の宣言が有ります。 警戒レベルが引き上げられ、火曜日18時以降、完全封鎖になる様です。 外出には許可書が必要になりますが、食料品・生活必需品の買い物、医療機関に行く等は認められる様です。 48時間以内に自分の居場所を届け出る必要もある模様。 45日間との情報も入ってきておりますが要確認。 20時の公式発表の後、また詳細ご報告します。