フランスの薬局薬剤師とオンライン・セミナー

フランスでは、仏薬剤師会が主役となってシステム開発した全国共通お薬電子カルテがあり、どこの薬局でも端末から患者の個人薬歴情報にアクセスできます。

共有型電子情報としては、医師のEHR(DMP)よりも前から進められ、仏医療制度の中になくてはならないシステムとして定着しています。

アラート機能もあり、複数の医療機関から多剤を併用する患者さんには、必要に応じて、医師と連携し、的確な指導ができます。 「他に飲んでるお薬は、ありますか?」「はい、白くて丸いのと黄色い粉、、、」とかの問答も、これで解消。

政府の推進するジェネリック政策には、日本と構造的な違いもあり、同じジェネリック群であれば一律の薬価から、どのように安全で確実な取引をしているのか? 卸業者さんとの関係は? かかりつけ薬局は?

今回のコロナ禍では、薬局でPCR・抗原テストを大展開、ボトル・ネックとなっていた検査アクセスを大きく改善しました。

既に12月より開始されたワクチンについてもお伺いします。フランスでは、通常のインフルエンザ・ワクチンは、薬剤師が接種できます。(アナフィラキシー時の対応マニュアルについても、セミナー時にお伺いしたいと思います。)


【 オンライン・セミナー】 日本時間 2月1 日(月)19時30〜21時  パリの調剤薬局経営薬剤師

Zoomで皆様から直接ご質問を頂戴し、パリからわたくしが日仏通訳としてファシリテートさせて頂く参加型セミナーです。

お申し込みは、こちらから

https://peatix.com/event/1767971/view...

49回の閲覧1件のコメント

最新記事

すべて表示

強い公権力と柔軟な対応

第3波真っ只中のフランスでは、4月10日現在累計陽性者数は、490万人、累計死亡者数は10万人達しそうな勢いです。(国民人口は日本の約1/2の6千万人。) フランスののCovid19対策は、多くの点で批判を浴びてはいますが、しかしながら重症患者受け入れ増床・増員における現場の工夫と行政の柔軟な対応は賞賛に値する点も多くあります。 現場の証言から一つ一つ見ていきましょう。 民間非営利病院連盟A.P会

パリの腎臓専門医に伺う フランスのCKD治療 透析管理 腎移植 腎緩和セミナー

本セミナー終了しました。 過去のセミナーのダイジェスト版を編集しまして再放送致します。 ご希望の方は、お問い合わせ下さい。 (セミナー当日ご参加者の皆様には、既にリンクをお送りさせて頂いております。) 過去のセミナー パリ大学医学部教授に伺う パリの薬局経営者薬剤師に伺う パリの管理職看護師に伺う 在宅入院 緩和ケア専門医に伺う コロナ禍での医療機関経営への打撃と損失補填 パリの腎臓専門医に伺う

三夜連続(3/31-4/2) フランス医療セミナー コロナ禍における政府の空床要請による医療機関経営悪化と損失補填

先週木曜日、フランス政府は、パリ首都圏を有するイル・ド・フランス地方の民間クリニック(営利・非営利)に、空床協力要請を出しました。 これに応召すべく、計画手術を80%❗️までキャンセル・延期する事となると発表。これにより首都圏のICU病床を2500まで上げ、既にキャパシティが完全オーバーしている公的病院を支援します。 公・民両方とも病院の減収は必至ですが、これに対する政府の損失補填措置は? まさに