フランスの薬局薬剤師とオンライン・セミナー

フランスでは、仏薬剤師会が主役となってシステム開発した全国共通お薬電子カルテがあり、どこの薬局でも端末から患者の個人薬歴情報にアクセスできます。

共有型電子情報としては、医師のEHR(DMP)よりも前から進められ、仏医療制度の中になくてはならないシステムとして定着しています。

アラート機能もあり、複数の医療機関から多剤を併用する患者さんには、必要に応じて、医師と連携し、的確な指導ができます。 「他に飲んでるお薬は、ありますか?」「はい、白くて丸いのと黄色い粉、、、」とかの問答も、これで解消。

政府の推進するジェネリック政策には、日本と構造的な違いもあり、同じジェネリック群であれば一律の薬価から、どのように安全で確実な取引をしているのか? 卸業者さんとの関係は? かかりつけ薬局は?

今回のコロナ禍では、薬局でPCR・抗原テストを大展開、ボトル・ネックとなっていた検査アクセスを大きく改善しました。

既に12月より開始されたワクチンについてもお伺いします。フランスでは、通常のインフルエンザ・ワクチンは、薬剤師が接種できます。(アナフィラキシー時の対応マニュアルについても、セミナー時にお伺いしたいと思います。)


【 オンライン・セミナー】 日本時間 2月1 日(月)19時30〜21時  パリの調剤薬局経営薬剤師

Zoomで皆様から直接ご質問を頂戴し、パリからわたくしが日仏通訳としてファシリテートさせて頂く参加型セミナーです。

お申し込みは、こちらから

https://peatix.com/event/1767971/view...

42回の閲覧1件のコメント

最新記事

すべて表示

日経メディカルにセミナーが紹介されました!

12月30日に開催しましたセミナーが、日経メディカルに記事になっています。 ご参加頂きました皆様に,心より感謝申し上げます。 https://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/mem/pub/report/t344/202102/568898.html?fbclid=IwAR09HCSmlZDDADX_QxWFQgGGogisVX6866Z8yNruow1IJgqbawE9p

18時以降外出禁止令

🇫🇷フランス直近24時間 新規陽性者  2万3852人 新規ICU入院患者 208人 covidICU占床率 53,4% *累計ワクチン接種者24万7167人 飲食店事業主に休業補償・従業員に給与の半分支給して、強制的閉鎖させているフランスでさえも、3度目のソフト・ロック・ダウン再開説が濃厚に浮上しています。*多分、18時以降の全国的外出禁止令に? 今夜、決定・発表される見込み。 飲食業・文化

2020年1月6日水19時 オンライン・セミナー

パリの高齢者介護施設医師をゲストに迎え、フランスの高齢者医療についてお伺いします。 ICUへのアクセスは? ACPはどのように? ワクチン接種開始直後の施設内からお届けします。 チケットのお申し込みは、下記のリンクからどうぞ。

Don't Miss Out

​ご登録はこちらからどうぞ。
  • Facebookの社会的なアイコン