m3ドットコム連載中『フランス便り』より

フランス全医療・介護職者へのCovid-19特別手当支給 - セギュール保健会議 総額190億ユーロ


*基本給アップ

7月13日、医師を除く全ての病院職員、高齢者施設職員給与の手取り183ユーロ/月アップで政府と労組が合意。この恩恵にあずかる対象者数は延べ500万人。慢性的な人手不足には、1万5000人のポストが新たに作られ、リクルートが開始されます。医師に関しては、パブリック活動専従医師に限って、手取り700ユーロ/月の特別手当がつきます。これらに合計80億ユーロが投じられることで合意されました。


*特別手当

基本給アップ以外では、COVID-19特別手当が最高1500ユーロ、割増の残業手当(日勤:87.5~90.5%、夜勤:150%、日・祝祭日:99%、それぞれアップ)が支払われました。


 この特別手当と残業手当は、3月1日から4月30日までの期間、特に患者の多かった県の公立病院職員(医師・インターン・看護師・看護助手のほか、パラメディカル)が対象となります。それ以外の県の公立病院職員には特別手当500ユーロが支払われました。


 さらに当直勤務の医師(インターン、外国籍医師を含む)には、割増の当直手当(50%アップ)が支払われました。これら諸手当は、いずれも非課税。


 7月21日、合計190億ユーロの追加予算の決定で、セギュール会議は閉会しました。


賃上げ以外の主な合意内容は、以下の通り。


• 毎年、季節性・流行性・パンデミックに合わせ、4000床の臨時増床予算。

• 2025年までに看護助手倍増

• 看護師学生ポスト:10%増員

• 高齢者介護施設労働条件改善予算:21億ユーロ(主にエコロジー・エネルギー・改装)

• 3カ年デジタル・トランスフォーメーションおよびオンライン診療プラットフォーム予算:14億ユーロ、オンライン診療患者自己負担ゼロ

• 公私病診連携予算:25億ユーロ

• 介護士・看護師給与及び諸手当(キャリアパス教育支援など):60億ユーロ


*在宅支援ヘルパーにも拡大

この保健省での決定で「忘れられていた」在宅支援サービスのヘルパーにも、1000ユーロ支給が、8月4日、マクロン大統領によって発表されました。


詳細は、m3.comで連載中の『フランス便り』でご覧下さい。


#フランス医療制度

#covid

20回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

消防士によるワクチン接種

若くて筋肉ムキムキのイケメン消防士さんがワクチン接種してくれる会場。 大会場は、ビレッジ・ピープルも真っ青、カッコいいマッチョなファイヤー・マンだらけ。👨‍🚒 倒れたら、マウス・トゥー・マウス呼吸してくれるかしら?とよこしまな患者様。 キビキビとした動きで、ワクチン・デジタル・パスポート発行まで流れるように20分で全て完了。3回目接種は私もここに来よう。 (医療通訳してて良かった😍)

マクロン大統領TV演説 ワクチン接種とデジタル証明提示の義務化

7月12日夜、フランスのマクロン大統領は、未接種者の間でのデルタ株急増を受け、 広義の医療従事者(当初予想されていた三師会・看護団体・介護士団体のみならず、患者・脆弱者・障害者と接する全ての職業従事者、これには付き添いやボランティア、病院・クリニック事務などの非医療系職員、消防士なども含みます。)へのワクチン接種義務と、9月15日以降、違反の場合の業務停止や減給など厳重処罰が視野に入れられています

重要 Covidワクチン3回接種が必要なケース

パリ在住の皆様へ フランス当局(HAS=高等保健機構)より出されたコロナ・ワクチンに関する勧告によりますと、以下に該当する方は、3回接種*が推奨されています。 *2回接種では、十分な中和抗体値が生成されないケースが報告される為。 こちらの情報に関しますご質問、予約手配、通訳のご希望等、ございましたら奥田までお問い合わせ下さい。 臓器移植及び骨髄移植患者 悪性リンパ腫・化学療法治療中患者 免疫抑制薬