COVID19 Back to Work ! 労働環境基準計算法

5月11日外出禁止解除以降の労働環境基準は、隣の人との最低距離は1メートル、一人当たり面積4m2が必要になります。以下の問題は、入試テストでも冗談でもなく、まじめに労働省からのお達しです。


<問題1>

50人の従業員がいる700m2のオープン・スペースに、2m2のデスクが50台有ります。

デスク間に、従業員の通れるスペース2m2を確保しなくてはいけません。


整理棚・ロッカーなどに1,5m2必要とする100m2の大会議室と、30m2の小会議室が3つ有ります。

各スペースの人の流れの為に、100m2を必要とします。


この場合の数式は、

700-(4X50)-(50X1.5)-100-(3x300)-100=135(M2)

135➗4=33 (人)


一度に入れる人数は、最大33人となりますので、25人ずつ交代で勤務させましょう。

例: 月火水 午前勤務 A班25人と、B班午後勤務25人 

   木金  A班とB班午前・午後交代



<問題2>

2000 m2のスーパー・マーケットでは、商品棚を40%とみなす。

有効面積は、2000ー800=1200 m2

1200➗4=300 (人)まで

しかし、ここにレジの前に並ぶ事を考慮し、係数0、8を掛ける。

300x0、8=240人 

ここから、従業員数を引いた数が、一度に入れる客の上限人数となる。

店頭入り口で人数制限する事。




尚、3時間ごとの15分間、窓を開けて空気を入れ替える事と、マスク着用も推奨されてい

ます。



担当者の皆様、ボン・クラージュ!(頑張って下さい。)




閲覧数:42回0件のコメント

最新記事

すべて表示

m3ドットコムで連載中の『フランス便り』更新しました! 民衆の怒りが王の首を斬り落としたフランス革命が、今日では直接選挙の大統領選に代わったかの様です。 老いも若きも熱くディベートする5年毎のこの大イベント、今回の棄権率(日本の投票率ではなく、フランスでは棄権率を公表します。)第一回目投票が26%、第二回目投票が28%でした。 https://www.m3.com/news/iryoishin/1

フランスには、「在宅入院」と言う制度が有ります。 これは、その他に色々ある「在宅医療系サービス」の中でも、ごく一部の患者が対象となり、日本の訪問診療と比べてもより限定的な範囲になります。 周産期から終末期までを対象とし、まさに「ゆりかごから墓場まで」ではありますが、その中で「(院内使用の)薬剤や高度の技術や医療機器を要する」「多職種・多数の医療従事者による頻回の処置・介入を要する」フェーズにある患