COVID-19 統計の見方

最終更新: 2020年5月6日

数カ国の統計を見比べて一概にデータ比較する事は、実はとても難しいのです。国によってカウントの定義が異なるからです。


「新規のCOVID-19感染者数」で比較はその国のPCR検査数によります。例えば、

フランスでは、3月のピーク時には、「病院に運ばれ、入院の必要がある重症な患者」のみにPCR検査をしていた期間があり、更に、「高齢者介護施設で、陽性者が1例出たら、その施設の肺炎患者は皆感染者」とカウントする時期がありました。テストを出来るだけ強化しようと言う方針に変更してからも、市中の診療所や在宅では、その地域のリソースによってもテスト数に差があります。


次にCovid-19死亡者数。ドイツでは、病院での死亡者数のみカウントされます。フランスも最初は病院での死亡者数のみでしたが、3月下旬以降、高齢者介護施設での死亡者数も統計に入れられます。しかし、在宅については、未だにカウントされていません。

一方、ベルギーでは、高齢者施設・在宅における高齢者の肺炎死亡もPCR検査なしに、カウントされているそうです。この為、ベルギーの人口当たりの死亡率は欧州で最も高い数値となっています。


日曜日・祝日のPCR検査体制やカウント体制は、平日よりもキャパシティが低下しますので、月曜日の数値が低く出るのは、フランスだけではありません。このように、1日単位で、新規患者数、死亡者数は、正確さにかける部分があります。


最終的には、昨年の同じ週での死亡者数に比較した2020年の死亡者の超過率(COVID以外も含まれます。)を、比較する事は意味がある結果が見えてくるでしょう。


4月30日発表のフランス公衆衛生局のデータによりますと、


3月1日〜4月28日の全死亡者数23686人、病院における死亡者数14810人

                 高齢者施設における死亡者数8876人。


全死亡者における65歳以上が占める割合 92%。


病院での死亡者 64ー74歳 17%

        75歳以上  71%


以下は、役所で受理した死亡届を元に、死亡増加率を集計中。但し、これはまだ調整中。


役所で受理した死亡届件数の内、COVIDと死亡証明書に記載のあったもの8679

同 における65歳以上が占める割合 91%

同 年齢中央値  84歳


2019/2020年比較 死亡増加率(COVID以外も含む)

第12週  +17%

第13週  +36%

第14週  +62%

第15週  +51%



出典 Sante Publique France















28回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

フランスの薬局薬剤師とオンライン・セミナー

フランスでは、仏薬剤師会が主役となってシステム開発した全国共通お薬電子カルテがあり、どこの薬局でも端末から患者の個人薬歴情報にアクセスできます。 共有型電子情報としては、医師のEHR(DMP)よりも前から進められ、仏医療制度の中になくてはならないシステムとして定着しています。 アラート機能もあり、複数の医療機関から多剤を併用する患者さんには、必要に応じて、医師と連携し、的確な指導ができます。 「他

18時以降外出禁止令

🇫🇷フランス直近24時間 新規陽性者  2万3852人 新規ICU入院患者 208人 covidICU占床率 53,4% *累計ワクチン接種者24万7167人 飲食店事業主に休業補償・従業員に給与の半分支給して、強制的閉鎖させているフランスでさえも、3度目のソフト・ロック・ダウン再開説が濃厚に浮上しています。*多分、18時以降の全国的外出禁止令に? 今夜、決定・発表される見込み。 飲食業・文化

2020年1月6日水19時 オンライン・セミナー

パリの高齢者介護施設医師をゲストに迎え、フランスの高齢者医療についてお伺いします。 ICUへのアクセスは? ACPはどのように? ワクチン接種開始直後の施設内からお届けします。 チケットのお申し込みは、下記のリンクからどうぞ。

Don't Miss Out

​ご登録はこちらからどうぞ。
  • YouTubeの
  • Facebookの社会的なアイコン
  • さえずり
  • Twitterの社会のアイコン
  • Facebookの社会的なアイコン
  • YouTubeの社会のアイコン