大和撫子、強くあれ!

先日ご紹介させて頂きました「パリの管理看護師セミナー」のご報告をさせて頂きます。


まず、やった事も成績も、コロナ対応はどう考えても日本の方が上。

しかし別の問題が…。


訪問看護師さんが在宅の患者さんから受けるセクハラ問題に、フランス人看護師さんは「なんでそんな事が有るの⁇」とびっくり‼️ びっくりする彼女に私の方がびっくり‼️

同じ人間が同じ仕事する時には、国は違っても共通の問題が多いから、フランスでもゼロじゃないでしょう?


看護師になって29年、訪問看護の経験もあるけど在宅でも病棟でも聞いた事もないと。一方、日本側は、決して珍しい事ではない、怖いから二人体制で訪問している所もあると。フランスは一人で訪問。

両国とも看護師は圧倒的に女性が多いのは同じ。 


ご参加者の皆様とディスカッションして見えて来た問題は、実は日本のジェンダー問題と同じ根っこ。

ノーと言えない、優しい笑顔でやんわり断るをやっちゃってるから?


大和撫子、強くあれ‼️


「患者様」とお呼びして大切なお客様を「おもてなし」するかの様な接遇も一因なのでは? だから医療機関でクラスターが発生すると新聞等で責められて、謝罪する。謝る事ではないはずです。



次回は、 3月15日

【オンライン・セミナー】

🇫🇷フランス医療 HAD 在宅入院 https://peatix.com/event/1812391


コーディネート・ドクターと呼ばれる医師の役割や、アOゾンの倉庫かと思うような超効率化された大きな在宅用薬剤庫に驚かれると思います。


こちらも医療の違いから、その背景にあるものが見えてくるはずです。

14回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

消防士によるワクチン接種

若くて筋肉ムキムキのイケメン消防士さんがワクチン接種してくれる会場。 大会場は、ビレッジ・ピープルも真っ青、カッコいいマッチョなファイヤー・マンだらけ。👨‍🚒 倒れたら、マウス・トゥー・マウス呼吸してくれるかしら?とよこしまな患者様。 キビキビとした動きで、ワクチン・デジタル・パスポート発行まで流れるように20分で全て完了。3回目接種は私もここに来よう。 (医療通訳してて良かった😍)

マクロン大統領TV演説 ワクチン接種とデジタル証明提示の義務化

7月12日夜、フランスのマクロン大統領は、未接種者の間でのデルタ株急増を受け、 広義の医療従事者(当初予想されていた三師会・看護団体・介護士団体のみならず、患者・脆弱者・障害者と接する全ての職業従事者、これには付き添いやボランティア、病院・クリニック事務などの非医療系職員、消防士なども含みます。)へのワクチン接種義務と、9月15日以降、違反の場合の業務停止や減給など厳重処罰が視野に入れられています

重要 Covidワクチン3回接種が必要なケース

パリ在住の皆様へ フランス当局(HAS=高等保健機構)より出されたコロナ・ワクチンに関する勧告によりますと、以下に該当する方は、3回接種*が推奨されています。 *2回接種では、十分な中和抗体値が生成されないケースが報告される為。 こちらの情報に関しますご質問、予約手配、通訳のご希望等、ございましたら奥田までお問い合わせ下さい。 臓器移植及び骨髄移植患者 悪性リンパ腫・化学療法治療中患者 免疫抑制薬