医師の死亡第一号発表

医師の死亡者第一号が発表されました。


コンピエンヌ病院の救急医で、今回の政府の召集を受けてカムバックして応援に入っていた68歳の定年退職した元勤務医。「黙って見ていられなくて」戻ったとご遺族のコメント。


今回、エマニュエル・マクロンの『これは戦争だ。』の宣言通り、国中『戒厳令下』、軍の野戦病院テントが設営され、『学徒動員』で医学生、看護学生が現場に送られ、定年退職5年未満医師が『召集』され、マスクは『配給』、衣類縫製工場はマスク製造に香水工場はアルコール消毒製造に『徴用』。但し、全て有志に基づいています。国民は毎晩20時に窓辺で『闘う我らの白衣の英雄に』拍手を送ります。


亡くなられた先生のご冥福をお祈りします。


今迄のCOVID-19 についての記事もどうぞ。


2,326回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

マクロン大統領TV演説 ワクチン接種とデジタル証明提示の義務化

7月12日夜、フランスのマクロン大統領は、未接種者の間でのデルタ株急増を受け、 広義の医療従事者(当初予想されていた三師会・看護団体・介護士団体のみならず、患者・脆弱者・障害者と接する全ての職業従事者、これには付き添いやボランティア、病院・クリニック事務などの非医療系職員、消防士なども含みます。)へのワクチン接種義務と、9月15日以降、違反の場合の業務停止や減給など厳重処罰が視野に入れられています

m3.comに新しい記事がアップされました。

外出禁止が2週間目に入り、検査・死亡者数・治療法について、政府への批判、医療界での対立が表面化してきました。 アジスロマイシンと併せ、クロロキンの適応外使用がコンパショネート・ユースで臨床試験以外にも使用可能に。 m3に記事がアップされましたので、是非ご覧下さい。 https://www.m3.com/news/iryoishin/745146?fbclid=IwAR200cWxVHQUATuwY