フランスにおける新型コロナ・ウィルス対応

最終更新: 2020年2月29日

1月25日、パリで2名、ボルドーで1名、新型コロナ・ウィルス陽性で入院。極めて落ち着いた医療機関のプレス対応。

いずれもSAMU とSOSメデゥサンの迅速な連携でERも通らず感染症病室(陰圧室)に即入院。因みに3人とも熱、咳はあるもののいたって元気だそうでクワランティーンの為の入院。

武漢に行った、または行った人と接触して風邪症状のある方は、病院には来ないで下さい、かかりつけ医に行かないで下さい、救急SAMUに電話して指示に従って下さい。フランスは空港は水際作戦を敷きません、と、きっぱり。

 

金曜日に武漢よりの緊急帰国便到着、全員、チャーターから降りて直接バスで隔離施設(南仏の夢のようなバカンス村‼︎)に運ばれました。


その後、3名、更に本日、2月8日現在、新たに5人の陽性患者が発見され、合計11名に。

いずれも国内の患者は、中国と直接、関係の有った人・人感染であり、85歳の中国人旅行者以外は、全員、軽症で有るとの事。手洗いの励行、パニックにならずに落ち着いて、と政府は新患者数を発表する度に付け加える。


そのような中で、昨日、パリでは珍しいマスクした人を初めて町で見かけた。

びっくりしてよくよく見たら日本人。今の報道の時期にマスクして歩いていると周囲のフランス人が迷惑そうにじろじろと見て、コロナ・ウィルス持ってるんじゃないの?外に出ないでよっ、て感じ満載でそこだけちょっと異様でした。


パリでの東洋人への差別がニュースになっていましたが、ひょっとしてその人マスクして歩いてたのではないでしょうか?

少なくとも昨日の人は「私は凄い差別された。」と感じたはず。










39回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

消防士によるワクチン接種

若くて筋肉ムキムキのイケメン消防士さんがワクチン接種してくれる会場。 大会場は、ビレッジ・ピープルも真っ青、カッコいいマッチョなファイヤー・マンだらけ。👨‍🚒 倒れたら、マウス・トゥー・マウス呼吸してくれるかしら?とよこしまな患者様。 キビキビとした動きで、ワクチン・デジタル・パスポート発行まで流れるように20分で全て完了。3回目接種は私もここに来よう。 (医療通訳してて良かった😍)

マクロン大統領TV演説 ワクチン接種とデジタル証明提示の義務化

7月12日夜、フランスのマクロン大統領は、未接種者の間でのデルタ株急増を受け、 広義の医療従事者(当初予想されていた三師会・看護団体・介護士団体のみならず、患者・脆弱者・障害者と接する全ての職業従事者、これには付き添いやボランティア、病院・クリニック事務などの非医療系職員、消防士なども含みます。)へのワクチン接種義務と、9月15日以降、違反の場合の業務停止や減給など厳重処罰が視野に入れられています

重要 Covidワクチン3回接種が必要なケース

パリ在住の皆様へ フランス当局(HAS=高等保健機構)より出されたコロナ・ワクチンに関する勧告によりますと、以下に該当する方は、3回接種*が推奨されています。 *2回接種では、十分な中和抗体値が生成されないケースが報告される為。 こちらの情報に関しますご質問、予約手配、通訳のご希望等、ございましたら奥田までお問い合わせ下さい。 臓器移植及び骨髄移植患者 悪性リンパ腫・化学療法治療中患者 免疫抑制薬