デジタル・トランスフォーメーション視察

最終更新: 2020年2月22日

昨日はフランスの共有型電子カルテとIBMワトソンを使ったデジタル・ホスピタルについてのご視察に。どちらかと言うと日本よりも遅れていた印象のこの分野でしたが、ここへきて病院のAI医療、IT化が飛躍的に進みました。

スマート内視鏡カメラも、スマート執刀ナイフも、病理に繋がっていて瞬時に結果が出、自動的に電子カルテに入力され、メスに切除を指令、医師(人間)がヴァリデートして完了します。

院内で撮る画像は全てAIが即時に分析、やはり人間の放射線科医がヴァリデートしPACS/DICOMで保存します。


手術前に執刀医は3Dヴァーチャル・シミュレーションでイメージを高めた後で、実際にラパロします。サイバー・ナイフは人間には不可能な精密さで切除します。シミュレーターも手術ロボットも回を増すごとに最も良い動きを覚えて行きます。

院内薬局もスマート調剤。注文・在庫管理・処方箋チェック・配薬は全てロボット(薬剤師がヴァリデート)がし、投薬したナースがヴァリデートします。


データ・バンクは難病治療研究目的に限り(クリプト匿名化して)二次利用できます。疫学・医療経済統計・プレディクト医療、オーダーメイド医療もここで行われます。全国標準共有型電子カルテDMPとも互換性コンパチブルです。患者はスマホから電子カルテにアクセスできます。




64回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

消防士によるワクチン接種

若くて筋肉ムキムキのイケメン消防士さんがワクチン接種してくれる会場。 大会場は、ビレッジ・ピープルも真っ青、カッコいいマッチョなファイヤー・マンだらけ。👨‍🚒 倒れたら、マウス・トゥー・マウス呼吸してくれるかしら?とよこしまな患者様。 キビキビとした動きで、ワクチン・デジタル・パスポート発行まで流れるように20分で全て完了。3回目接種は私もここに来よう。 (医療通訳してて良かった😍)

マクロン大統領TV演説 ワクチン接種とデジタル証明提示の義務化

7月12日夜、フランスのマクロン大統領は、未接種者の間でのデルタ株急増を受け、 広義の医療従事者(当初予想されていた三師会・看護団体・介護士団体のみならず、患者・脆弱者・障害者と接する全ての職業従事者、これには付き添いやボランティア、病院・クリニック事務などの非医療系職員、消防士なども含みます。)へのワクチン接種義務と、9月15日以降、違反の場合の業務停止や減給など厳重処罰が視野に入れられています

重要 Covidワクチン3回接種が必要なケース

パリ在住の皆様へ フランス当局(HAS=高等保健機構)より出されたコロナ・ワクチンに関する勧告によりますと、以下に該当する方は、3回接種*が推奨されています。 *2回接種では、十分な中和抗体値が生成されないケースが報告される為。 こちらの情報に関しますご質問、予約手配、通訳のご希望等、ございましたら奥田までお問い合わせ下さい。 臓器移植及び骨髄移植患者 悪性リンパ腫・化学療法治療中患者 免疫抑制薬