デジタル・トランスフォーメーション視察

最終更新: 2020年2月22日

昨日はフランスの共有型電子カルテとIBMワトソンを使ったデジタル・ホスピタルについてのご視察に。どちらかと言うと日本よりも遅れていた印象のこの分野でしたが、ここへきて病院のAI医療、IT化が飛躍的に進みました。

スマート内視鏡カメラも、スマート執刀ナイフも、病理に繋がっていて瞬時に結果が出、自動的に電子カルテに入力され、メスに切除を指令、医師(人間)がヴァリデートして完了します。

院内で撮る画像は全てAIが即時に分析、やはり人間の放射線科医がヴァリデートしPACS/DICOMで保存します。


手術前に執刀医は3Dヴァーチャル・シミュレーションでイメージを高めた後で、実際にラパロします。サイバー・ナイフは人間には不可能な精密さで切除します。シミュレーターも手術ロボットも回を増すごとに最も良い動きを覚えて行きます。

院内薬局もスマート調剤。注文・在庫管理・処方箋チェック・配薬は全てロボット(薬剤師がヴァリデート)がし、投薬したナースがヴァリデートします。


データ・バンクは難病治療研究目的に限り(クリプト匿名化して)二次利用できます。疫学・医療経済統計・プレディクト医療、オーダーメイド医療もここで行われます。全国標準共有型電子カルテDMPとも互換性コンパチブルです。患者はスマホから電子カルテにアクセスできます。




64回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

フランスの薬局薬剤師とオンライン・セミナー

フランスでは、仏薬剤師会が主役となってシステム開発した全国共通お薬電子カルテがあり、どこの薬局でも端末から患者の個人薬歴情報にアクセスできます。 共有型電子情報としては、医師のEHR(DMP)よりも前から進められ、仏医療制度の中になくてはならないシステムとして定着しています。 アラート機能もあり、複数の医療機関から多剤を併用する患者さんには、必要に応じて、医師と連携し、的確な指導ができます。 「他

18時以降外出禁止令

🇫🇷フランス直近24時間 新規陽性者  2万3852人 新規ICU入院患者 208人 covidICU占床率 53,4% *累計ワクチン接種者24万7167人 飲食店事業主に休業補償・従業員に給与の半分支給して、強制的閉鎖させているフランスでさえも、3度目のソフト・ロック・ダウン再開説が濃厚に浮上しています。*多分、18時以降の全国的外出禁止令に? 今夜、決定・発表される見込み。 飲食業・文化

2020年1月6日水19時 オンライン・セミナー

パリの高齢者介護施設医師をゲストに迎え、フランスの高齢者医療についてお伺いします。 ICUへのアクセスは? ACPはどのように? ワクチン接種開始直後の施設内からお届けします。 チケットのお申し込みは、下記のリンクからどうぞ。

Don't Miss Out

​ご登録はこちらからどうぞ。
  • YouTubeの
  • Facebookの社会的なアイコン
  • さえずり
  • Twitterの社会のアイコン
  • Facebookの社会的なアイコン
  • YouTubeの社会のアイコン