コロナ・ウィルス対応 韓国

イタリアの死亡者数の理由は謎?のままですが、韓国の死亡者数についてのフランスの専門家の考察をご紹介します。


イタリアと韓国はどちらもPCR検査を多くして医療機関の混乱を招いたと言う説が多いかと思います。それにしては韓国の奇跡的な鎮火は、町のあちこちに設置されているビデオカメラで、陽性者と一緒にいる人、接触者を割り出し、全員に検査、隔離、必要があれば医療機関に入院させたそうです。


フランスでは、さすがにこの手法は採れません。突然、一斉休校、外出禁止、欧州域国境閉鎖を強行したかのような政府に、国民やマスコミが今更、手遅れではと批判を始めました。


命令されたり、自由を奪われるのが大嫌いなフランス人。しかも多くの専門家が2週間では焼け石に水、45日間はマストと発言。元保健大臣迄が「だから私は、あの時ああ言ったのに(マー君が隠そうとしたでしょうと言外に匂わす発言)」も。かと思えば、「コロナはエボラじゃない…大袈裟だ。国境閉鎖なんて意味ない」と大先生のご発言もあったり。


もうNetflixなんか要らないくらいに、毎日、ニュースや政策発表会見を楽しんでます。😅


HTTPS://www.naokookuda.fr

157回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

マクロン大統領TV演説 ワクチン接種とデジタル証明提示の義務化

7月12日夜、フランスのマクロン大統領は、未接種者の間でのデルタ株急増を受け、 広義の医療従事者(当初予想されていた三師会・看護団体・介護士団体のみならず、患者・脆弱者・障害者と接する全ての職業従事者、これには付き添いやボランティア、病院・クリニック事務などの非医療系職員、消防士なども含みます。)へのワクチン接種義務と、9月15日以降、違反の場合の業務停止や減給など厳重処罰が視野に入れられています

m3.comに新しい記事がアップされました。

外出禁止が2週間目に入り、検査・死亡者数・治療法について、政府への批判、医療界での対立が表面化してきました。 アジスロマイシンと併せ、クロロキンの適応外使用がコンパショネート・ユースで臨床試験以外にも使用可能に。 m3に記事がアップされましたので、是非ご覧下さい。 https://www.m3.com/news/iryoishin/745146?fbclid=IwAR200cWxVHQUATuwY